シノケンハーモニーの利用で賢い不動産経営|簡単経営術

住宅模型

土地がなくても可能

ソーラー電池

太陽光発電投資といえば、不動産を活用した投資というイメージですが、必ずしも土地がなければできないということはありません。土地がなくても参加できるのが土地付き太陽光発電のメリットと言えます。もちろん不動産を所有していればその土地を活用することができますが、土地がない場合には土地付き太陽光発電を活用することができます。販売企業が発電所を建設するための土地を20年間の定期借地権付きで確保してくれますので、その土地を借りて事業に投資することができます。さらに、発電所の建設や電力会社との契約も販売企業が行ってくれますので、投資するための資金があれば、建設するための土地がなくても太陽光発電投資を行うことができるのです。

土地付き太陽光発電による投資が成立するのは、国における電力買い取りが制度化されているからです。10kWを超える太陽光発電システムの場合、今後20年間、電力会社が太陽光で発電された電気を固定価格で買い取ることとされています。産業用太陽光発電であれば20年間安定した収益が得られる点が大きなメリットと言えます。株式投資や為替投資であれば価格の変動リスクがありますし、不動産投資であれば空き室リスクがあります。しかし、太陽光発電投資は安全な投資と言えます。そして、販売企業によりますが土地付き太陽光発電の想定利回りは10%を超えています。この高い収益性こそが、他の株式投資や不動産投資に比べて太陽光発電投資が最近の主流になっている理由なのです。