シノケンハーモニーの利用で賢い不動産経営|簡単経営術

住宅模型

不動産投資で成功する条件

住宅模型

2030年には消滅する都市も出てくるとの調査結果があるほど、現代の日本は人口が減少し続けています。このままでは総人口が1億人を切り、8000万人ほどまで減少すると言われています。そのような人口減少社会にあって、人口が増え続けている都市があります。それが九州一の都市である福岡市です。福岡市では総人口だけではなく、若年層も増加しています。そのため、今後も人口が増え続けると予想されており、不動産投資を行う絶好の立地と注目を集めています。しかし、不動産投資を成功に導くためには、福岡市という立地のほかに、もう1つ重要な要素があります。それは不動産オーナーに代わって、物件や入居者の対応をしてくれる管理会社です。

福岡市で不動産投資を行う際には、慎重に管理会社を選ばなければなりません。適切な管理会社でなければ入居率を高く維持することができないほか、思わぬトラブルに遭遇する危険性が高まります。スムーズな不動産投資を行うためには、2つのことに注意をして管理会社を選ぶことが重要です。1つ目の注意点が、入居審査基準の適切さです。不動産オーナーだけではなく管理会社にとっても、入居率は非常に重要です。自社が管理している物件の入居率が高ければ高いほど、管理会社の評判は良くなります。そのため、管理会社の中には、甘い入居審査の基準を設けているところもあります。甘い入居審査基準では家賃滞納や入居者トラブルなど、思わぬ事態を引き起こすため注意が必要です。2つ目の注意点が、トラブルへの対応力です。どんなに万全な備えをしていても、賃貸経営ではトラブルに遭遇します。起きたトラブルに対して、適切に対応できる管理会社であるかどうかを必ず確認しておきましょう。